不動産営業のプロフェッショナル 中澤明子が伝える 不動産実務・営業実務成功の秘訣

ヘッダー
ヘッダー
中澤明子の研修DVD
前の記事へ 次の記事へ 
今日の気付きより
2009/08/29
カテゴリ営業の学び

皆さん、こんにちは!中澤 明子です。

弊社では、お客様が気に入られた物件は、必ず近隣にお住まいの方々に聞き取り調査を行っています。
聞き取り調査を行うことにより、弊社も自信を持ってお客様に物件をお勧めすることが
できると同時に、お客様も安心してお申込に踏み切れます。

聞き取る内容や調査のポイントについては、一部記載しますが、お客様の家族構成や
ご希望内容によって項目は異なります。

 ■住まい環境について良好か否か
 ■周辺で今までに事件や事故がなかったどうか
 ■迷惑をかける住人が住んでいないかどうか
 ■公園の利用内容
 ■生活施設の状況
 ■洗濯物をチェックし、周辺にどのような年齢層の方々
  が住んでいるかを確認する。
 ■お子様の遊び道具などから、お子様の年齢などを把握
  する。

などです。

お客様からお申込書をいただくと、契約までに公的な調査は行うのは、どこの不動産会社でも当たり前のことです。
しかし、公的調査さえも、他社任せにして自社ではやらないという困った会社も中にはいます。
当社は、それにプラスして周辺の聞き取り調査を行うことを徹底しています。

そんな中、昨日新人のKさんが初の聞き取り調査にチャレンジしました。
彼の気付きをご覧下さい。

●Kさんの気付きから抜粋
 「本日、○○様がご検討中の土地の周辺環境の
  聞き取り調査に行ってきました。
  やはり外観や営業マンの主観では判断できない、 
  周辺にお住まいの住人ならではの意見が多数あり、
  街を見る目線の違いを感じたと同時に、聞き取りを
  行うことで、お客様にとって本当に価値のある生の
  情報を得られることを体感しました。」

聞き取り調査を行うことにより、お住まいになっている住人の方々しかわからないお話をたくさん聞くことができます。
「調査」は、不動産の基本です。
今後もお客様に安心して財産をご購入いただけるよう、弊社は徹底した聞き取り調査と公的調査を行ってまいります。

不動産をお探しのお客様は、ぜひ弊社にお任せ下さい!



   
 
 
 
blog
案内時の気遣い
2009/07/14
カテゴリ営業の学び
【案内編】

 ●ご案内の際、売主様の前で今まで見てきた
  他のお家の話を平気でする担当者がいます。
  その会話を聞いている売主様が、どのような
  お気持ちになるかを考えてみたことがありますか?

  気遣いができる営業担当者であれば、事前に
  買主様に対し、売主様の前で話してはならない
  タブー言葉をきっと伝えてあるはずです。

  商談をまとめるためには、売主様にとっても
  買主様にとっても第一印象は大切です。

 ●他の物件チラシを持ちながら、別の売主様の
  お宅をご覧になるなど、もってのほかです。
  必要のないチラシは、車の中に置いていくか、
  バックにしまっておいていただくかの配慮も
  案内時には大切なことです。
  
  いまご案内をしているお住まいは、売主様の
  大切な「財産」であることを、決して忘れないで
  下さい。

  中澤 明子

  
 
blog
案内時の気遣い
2009/07/13
カテゴリ営業の学び
【案内編】

 ●お客様と一緒に道路を歩く際には、営業マンは
  常に車道側を歩くよう、意識しましょう!
  
  お客様に対する配慮のひとつです。

  中澤 明子 
 
blog
プロフィール
プロフィール
ワンズリアルティ株式会社
中澤明子

長野県出身

座右の銘
「あきず・あせらず・あきらめず」
中澤明子
●ワンズリアルティ株式会社
 代表取締役
不動産ビジネスカレッジ理事・
 横浜校校長・主任講師
プロフィール
中澤明子の不動産営業の玉手箱−お客様に選ばれるために
カレンダー
カレンダー
<< 2010年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カレンダー
過去の記事へ
カテゴリー
リンク